ホーム   製作道具・飾りケース・書籍   書籍   > 二条城を極める

商品詳細情報

二条城を極める

■発送方法:ゆうメール(送料無料)または、宅配便(地域別送料)をご利用いただけます。 送料詳細


加藤 理文

173弌115 64ページ 並製



国宝二の丸御殿のきらびやかな障壁画に目を奪われて、周辺建物や石垣などに目を向ける人々は少ないが、実は二条城は徳川家康が西国の拠点として築いた軍事施設である。関ヶ原合戦の翌年、天下普請として計画し、家光の時代に大改築された城である。本丸の四周の雁木や国内で唯一現存する土蔵(米蔵)、元和と寛永期の石垣の違いなど、城のみどころを写真とともに解説。



目次

■はじめに

■二条城を歩く

 東大手門

 二の丸御殿

 二の丸庭園

 二の丸土蔵・北大手門

 橋廊下・二階廊下・溜蔵

 桃山門・鳴子門・内堀

 中仕切門

 天守台

 内堀沿いの土蔵

 二の丸西南隅櫓・土塀

 本丸表門枡形

 本丸御殿

 本丸内部

 本丸西門

 外堀を巡る

■二の丸御殿内部と台所

■二条城略年表





二条城を訪れる際には必携です。


お城見物に行って、後になってからこんな所があったのか・・・


という経験はありませんか?


この本には見て置くべき所がすべて網羅されていて、それがどの場所にあるかが一目瞭然!


後になって後悔しないために必要な1冊です。