ホーム   日本の名城   日本名城シリーズ1/300シリーズ   > 31 復元 幕末期 名古屋城 本丸御殿 

商品詳細情報

31 復元 幕末期 名古屋城 本丸御殿 


■発送方法:ゆうメール(送料無料)または、宅配便(地域別送料)をご利用いただけます。 送料詳細


日本名城シリーズ1/300 幕末期 名古屋城本丸御殿 商品の仕様 


■戦災で焼失していなければ間違いなく世界遺産だった幕末期の名古屋城本丸御殿を1/300サイズのペーパークラフトとして再現しました。
協力:三浦正幸 広島大学大学院教授

・設計参考資料:名古屋城本丸御殿実測図面
・完成サイズ:<建物>横29.3cm 奥28.0cm 高3.9僉 秣羯罅箍42.0cm 奥29.7cm(実物の1/300スケール)
・作成時間:10〜20時間(個人差があります)
・商品仕様:A4上質紙 11枚(表紙1枚、組立図2枚、台紙A3サイズ1枚含む)
 
★★★古図面・実測図・復元図などから設計した超本格派!ペーパークラフト★★★
●古図面、実測図、復元図から1/300スケールで設計した超本格派の紙模型です。
●本シリーズは、大きさが比較できるように1/300にスケール統一しています。城によっては小さくて作り難いものもあります。
●紙は薄口紙を採用しています。折り曲げ時の割れや、紙の反発力による接着面はがれを低減でき、屋根の曲面や反りもつけやすくなっています。ノリ代をしっかり接着することで強度UPができるように設計しています。
●本シリーズは切り込み加工を施していません。切り込み加工は正確性が乏しいためです。カッターなどを使い、お客様ご自身で切り抜いて組み立ててください。
●製作の対象年齢は中学生以上と設定していますが、細かな作業が苦手な方、集中力のない方には困難です。ご自身の技量や性格を考慮の上で挑戦してください。製作には慣れの要素も大きいので二つ、三つと築城していくことで技量は格段に上がります。なかには、10歳前後の小学生でも上手に作っています。 

ファセットのペーパークラフトは、お客様に満足していただける完成度を目指して、常に作り方や紙厚などに変更や工夫を施しています。また、復元のお城は、復元案の差し替えや変更があれば、予告なくリニューアルや改良を加えておりますのでご了承ください。

名古屋城本丸御殿


 慶長14年(1609年)徳川家康は西の豊臣方への備えのために名古屋城の築城を決めた。 築城は天下普請で行われ、本丸御殿は慶長20年(1615年)に完成した。 当初は尾張徳川家初代藩主・徳川義直の住居、藩の政庁として使われていたが、義直は二之丸御殿に居を移し本丸御殿は将軍の御成御殿として使われるようになる。
 寛永10年(1633年)3代将軍徳川家光の上洛に備え、上洛殿などの作事に着手。 当時は杮葺の屋根で破風の妻飾りには金箔が使用され、内部には狩野派の絵師によって描かれた障壁画など絢爛豪華な造りとなっていた。 しかし、享保13年(1728年)8代将軍徳川吉宗の享保の改革により杮葺屋根は維持管理費用の問題や防火対策などを理由に瓦屋根へと変更されることとなる。
 その後、幕末、明治を経て、昭和5年(1930年)に天守とともに建物が国宝指定され、昭和17年(1942年)には障壁画なども国宝に指定された。 しかし、昭和20年(1945年)戦災により本丸御殿は天守とともに焼失した。



ペーパークラフト復元幕末期名古屋城本丸御殿の作り方


スタッフブログにて作成方法の紹介をしています。
細かな注意点など画像と文章で説明しています。
参考にしてください。