ホーム   日本の名城   日本名城シリーズ1/300シリーズ   > 04 復元 安土城 

商品詳細情報

04 復元 安土城 


■発送方法:ゆうメール(送料無料)または、宅配便(地域別送料)をご利用いただけます。 送料詳細

※商品仕様変更
2016/12/07:商品リニューアル。三浦正幸氏による新復元案公開にともない全面変更。前回品に対し完全新規設計および紙厚を厚めに変更。

日本名城シリーズ1/300 復元 安土城 商品の仕様 



■織田信長が築城し本能寺の変までのわずか三年で焼失した幻の安土城。日本初の天主(天守)とは思えないほどの大きさと豪華さは織田信長の権力と人物像を垣間見ることが出来ます。現代に至ってもその素晴らしさは他とは比べ物にならない威厳をたもつ安土城を1/300サイズのペーパークラフトとして再現しました。
復元 : 中村泰朗(三浦研究室)
監修 : 三浦正幸(広島大学大学院教授)

・設計参考資料:三浦正幸復元図
・完成サイズ:縦18.6cm 横21.5cm 高15.7cm (実物の1/300スケール)
・作成時間:12〜15時間(個人差があります)
・商品仕様:A4上質紙 10枚(表紙1枚、組立図2枚含む)

★★★古図面・実測図・復元図などから設計した超本格派!ペーパークラフト★★★
●古図面、実測図、復元図から1/300スケールで設計した超本格派の紙模型です。
●本シリーズは、大きさが比較できるように1/300にスケール統一しています。城によっては小さくて作り難いものもあります。
●紙は薄口紙を採用しています。折り曲げ時の割れや、紙の反発力による接着面はがれを低減でき、屋根の曲面や反りもつけやすくなっています。ノリ代をしっかり接着することで強度UPができるように設計しています。
●本シリーズは切り込み加工を施していません。切り込み加工は正確性が乏しいためです。カッターなどを使い、お客様ご自身で切り抜いて組み立ててください。
●製作の対象年齢は中学生以上と設定していますが、細かな作業が苦手な方、集中力のない方には困難です。ご自身の技量や性格を考慮の上で挑戦してください。製作には慣れの要素も大きいので二つ、三つと築城していくことで技量は格段に上がります。なかには、10歳前後の小学生でも上手に作っています。 

ファセットのペーパークラフトは、お客様に満足していただける完成度を目指して、常に作り方や紙厚などに変更や工夫を施しています。また、復元のお城は、復元案の差し替えや変更があれば、予告なくリニューアルや改良を加えておりますのでご了承ください。

安土城


 安土城は総石垣で普請された城郭で、五層6階地下1階の大型の天守を持つ城として初めて建造されました。 これ以後、江戸時代初期にかけて日本国中の近世城郭の模範となった城です。建築当時は琵琶湖に接した安土山全体に城郭が築かれました。山麓南側には、まっすぐに伸びた大手道があり、石垣造りの家臣団屋敷などが配置されました。山頂には、信長の住む天守の他、本丸御殿、二の丸御殿が築かれました。 京に近く、琵琶湖の水運も利用でき、北陸街道も通っていたため利便性の良い地域で、その規模、容姿はまさに天下布武を象徴する城でした。 天正4年(1576)に安土山に築城を開始し、3年後の天正7年(1579)に完成した天守に信長が移り住みました。本能寺の変後、天正10年(1582)に天守と本丸を焼失し、完成後3年という短命に終わった安土城ですが、この時はまだ二の丸を中心に機能をしていました。 秀吉の養子、豊臣秀次の八幡山城築城のため、天正13年(1585)に廃城されました。
 現在は、発掘調査、整備も終わり、壮大な大手道や虎口、石垣が整備され、歴史の一端を目にすることができます。

安土城 「作成方法」


スタッフブログにて作成方法の紹介をしています。
細かな注意点など画像と文章で説明しています。
参考にしてください。