商品詳細情報

43 復元 米子城 


■発送方法:ゆうパケットまたは、宅配便(地域別送料)をご利用いただけます。送料詳細

日本名城シリーズ1/300 復元 米子城 商品の仕様 


■石垣のみ残る米子城を古写真や古図面から考証した復元案をもとに1/300サイズのペーパークラフトとして再現しました。
 
・設計参考資料:米子城復元図(金澤雄記、三浦正幸) 
・完成サイズ:約24(幅)×17(奥行)×15(高サ)(実物の1/300スケール)
・作成時間:8〜15時間(個人差があります)
・商品仕様:A4サイズ 部品図7枚、組立図2枚
・本シリーズは切込加工は施しておりません。
・対象年齢は中学生以上と設定しておりますが、10歳の小学生でも上手に作っている方もおられます。
 城によっては細かな作業が多いものもありますのでご自身の技量を考慮の上で挑戦してください。

■完成品を長く綺麗に保つためケースに入れることをお勧めします。
 推奨サイズの飾りケースのページリンク:専用飾りケース角24僉濆23

★★★古図面・実測図・復元図などから設計した超本格派!ペーパークラフト★★★
●古図面、実測図、復元図などから設計した立体資料紙模型です。
●1/300の統一スケールなので、実物を見てもわからないスケール感を味わえます。 

ファセットのペーパークラフトは、お客様に満足していただける完成度を目指して、常に作り方や紙厚などに変更や工夫を施しています。また、復元のお城は、復元案の差し替えや変更があれば、予告なくリニューアルや改良を加えておりますのでご了承ください。


復元 米子城


 米子城は標高90mの湊山に築かれた近世城郭初期の城である。
慶長5年(1600年)関ケ原の戦いのあと、米子17万5000石で中村一忠(豊臣家三中老の中村一氏の嫡子)が入封する。 一忠の入城以前は毛利の吉川広家の城で、山頂にはすでに望楼型の天守が建っていた。 しかし、一忠はその隣に大型の四重五階の望楼型天守を築城したのである。 これにより米子城には独立式の2つの天守が誕生したのだが、吉川広家の建てたとされる初代天守はその後は櫓として扱われ四重櫓と呼ばれるようになる。
 江戸時代になると、天守と四重櫓の最上階の廻り縁を風雨の傷みから守るため、それを覆うように板壁が取り付けられる。 そのためこのような特異で個性的な姿となった。 また幕末には、四重櫓の石垣改修が行われたと記録に残っている。 櫓台は、打込接ぎといわれる石垣積み技法で改修されたため、現在の米子城址を訪れれば、慶長期の野面積み石垣の天守台と、この打込接ぎの櫓台の異なる石垣を観察することができる。



商品の作り方について


ファセットブログページにて、ファセットの総帥が各商品の作成手順を写真と文章を交えて解説しています。
製作時の注意点やコツなどを盛り込んでいますので、是非参考にしてください。特に初挑戦の方は必見です!


作り方